見たいものは、見たい場所で。スピーカー内蔵小型プロジェクターPico Cube

見たいものは、見たい場所で。スピーカー内蔵小型プロジェクターPico Cube

https://youtube.com/watch?v=9nOumYpf5P4

フェリクロス miniプロジェクター Pico Cube(ピコキューブ)とは

Pico Cube(ピコキューブ)は172gと超軽量(文庫本と同じくらいの重さです)で、Hi-fiスピーカーも内蔵している小型プロジェクターです。

どこでも持ち運べ、商談やプレゼンテーションで大活躍します。
また、天井投影が簡単にできて、家の天井を映画のスクリーンにすることも可能です。


※上記はイメージ画像です。

wi-fiやHDMIケーブルにつないでスマホやPCから映し出すこともでき、micro SDカードの場合は商品とSDカードさえあればすぐに映し出すこともできます。

三脚がついているので、高さの調整も簡単。リモコンもあるので、操作も楽にできます。

寝る前の寝転んでいる時間を有効活用しませんか?寝る前の至福の時間をさらに、快適な時間に!

天井投影をすることで、寝転びながら時間を有効活用することができます。

例えば、ゴルフのレッスン動画を見たり、見たかった映画やドラマを見たり、明日の仕事の予習をしたり。


※上記はイメージ画像です。

今までパソコンでプレゼンをする機会が多かったと思います。

ただ、打ち合わせが多い方にとっては、商談場所に行って毎回パソコンの立ち上げに時間がかかったりしてませんか?

タブレットであれば、すぐに準備可能。パソコンを起動させている間のぎこちない間をなくせて、すぐにプレゼンに進むことができます。

この小型モバイルプロジェクター「フェリクロス miniプロジェクタPico Cube」はAirplay (apple)やmiracast (android)で無線でも接続可能

パソコンと併用することで、タブレットでプレゼンをしながらパソコンでメモをとったりなど、多様な使い方が可能です。

もちろんパソコンには、HDMIケーブルを活用して有線で接続することが可能です。

※上記はイメージ画像です。

家族みんなで映画がみたい

家族みんなで運動会の動画をみたい

小型なので、家のなかのどこでも持ち運びが簡単

子供部屋で子供と見たり、寝室で夫婦と見たり

どこでもすぐに上映が可能

※上記はイメージ画像です。

私の家は天井が白くない

壁が白くない

だから映せるところがないのです。という声をよくお聞きします。

実は開発者の私の家も天井も白くないのです。逆に白い天井の家の方が珍しいのかなと思います。

白である方がもちろん綺麗に見えることに間違いはありません。

ただ、白でなくても見る分には問題なく見えるかと思います。

私の家の天井はこんな奇抜な天井の柄ですが、よく見れば気になるかもしれませんが、問題なく見ることができています。

(写真:実際に投影した天井の写真)

Hi-fiスピーカーが内蔵されているので、別途スピーカーなどを持ち運ぶ必要はありません。

この「フェリクロス miniプロジェクタPico Cube」さえ持ち運びいただければ、どこでもお楽しみいただけます。

※上記はイメージ画像です。

DLP(Day light projector)の技術を採用しておりますので、昼間でも綺麗に映像をみることができます。

下の画像は日が良く当たるかなり明るい室内で白い壁に投影した様子です。

昼間に屋外で直射日光が当たる状況で見ようとすると少し難しいと思います。

また、付属の三脚があるので映し出す高さの調整が可能です。

キャンプで大自然の中で、友人や大切な人と最高の空間を演出。昼間遊んだ様子を写真やビデオに撮り、その日の夜にその映像をみんなで楽しめます。

キャンプ先では車に投影してみたり、白いシーツをかけてそこに投影させたりすることができます。あなただけのプライベート空間をより満喫していただけます。

※上記はイメージ画像です。

リモコンを使って簡単操作

リモコンがあることで、音量や早送りなど簡単に操作ができます。

寝転がっている時などに、立ち上がったり操作をする必要がないので便利です。

開発秘話

キューブ型へのこだわり

本製品はメーカーにOEM生産を委託しており、技適やPSEといった日本の規格に適合するようメーカーと共同開発することで「フェリクロス miniプロジェクタPico Cube」を作り上げました。

長くお使いいただけるように、バッテリーなどや使用している素材にこだわっております。

特に、キューブ型にすることによって、充電していればどの方向へも簡単に安定して投影することができます。

充電しながらでも、ティッシュの空き箱を活用することで、簡単に天井投影をすることができるよう設計しております。

安心して長期的に活用していただけることを願っております。

「小型で軽量設計」

【商品仕様】

ディスプレイ技術:DLP(デイライトプロジェクター)

明るさ:100ルーメン

実行解像度:フルワイドVGA/854×480

解像度:640*480~1920*1080 (Up to 1080P)

LEDライト寿命:30000時間以上

ワイヤレスミラーリング:Miracast  for Android OS devices, Airplay  for iOS devices

プロジェクターレンズ;マニュアルズーム

画面比率:16:9

インターフェイス:Mini HDMI X1 input (1.4 line), Micro SD  X1  Multimedia Play  (up to 1080p,64G), DC X1  (Micro USB type), 3.5mm stereo audio output *1

操作ボタン:電源, ボリューム調節+/-, Enter

内蔵スピーカー:8 ohm 1.5w( X1)

バッテリー容量:2500mAH

サイズと重量

55(D)*55(W)*55(H)(mm) 172g

「2時間連続操作」

バッテリーの持続時間

120分(ご利用方法によってはこれよりも短くなることがございます。)

「接続できるモバイル機器」

「商品構成と仕様」

本体

日本語マニュアル

フェリクロス miniプロジェクタPico Cube 保証書

HDMIケーブル

リモコン

三脚

mini HDMI アダプター

「接続方法について」

①Wi-Fi

プロジェクター自体についているWi-Fi機能につなげてスマホやPCから映像を映し出すことができます。プロジェクターとスマホやPCをWi-Fiで接続した後、ブラウザから設定をしていただくとネット環境を構築することができます。

②HDMI

付属のHDMIケーブルでプロジェクターとスマホやPCを繋げると安定した映像をお楽しみ頂けます。Wi-Fiが不安定な場合や無線機能のないデバイスを接続したい場合にご利用頂けます。

③音声出力

ヘッドホンやスピーカーに接続して音声を楽しむことができます。Bluetooth用のアダプター(市販品を別途ご購入ください)をご利用になればコードレスのヘッドホンやスピーカーもご利用になれます。

④Micro SDカード

本体にMicro SDカードを挿入することが可能です。Micro SDカードに保存した画像や映像、音声をお楽しみいただけます。

⑤DC Micro USB

本機の電源はMicro USBで供給されます。アウトドアや外出先で電源がない時もPC等に接続すればコンセント要らず。専用のアダプターもが付いているのでそのままコンセントに挿してもOKです。

最後に

「精密機械です」

大切に扱ってください。

安い商品ではないことは重々に理解しております。長くお付き合いしていただきたい「フェリクロス miniプロジェクタPico Cube」ですので、落下しにくい場所に保管したり、持ち運びの際はパソコンケースやバックインバックに入れて持ち運びしてください。満員電車では、リュックなどに最大100キロ近くの圧力がかかることもあるようです。

持ち運びと保管にさえ気を付けていただけましたら、長期的にあなたのお役に立てる商品であると確信しております。

Pico Cube FAQ

Q:日本で販売できる技術認証をとっていますか?
A:Wi-FiとBluetoothに必要なTELEC「技術基準適合証明・工事設計認証」は取得予定(8月下旬から9月上旬に完了予定)です。また、電気用品安全法に定められた安全認証(PSE)に適合したアダプタが同梱する予定です。

Q:保証期間はどのようになっていますか?
A:出荷時点からフェリクロスの1年間保証が付いています。

Q:購入後のサポートはどのようになっていますか?
A:makuakeのメッセージシステムにてサポートを対応致します。

Q:購入後のキャンセルができますか?
A:原則としてキャンセルを承りません。

Q:購入後、納品できないリスクがありますか?
A:製品の開発及び量産化の準備は既に完了していますが、予想以上にご注文が多い場合は多少遅れるリスクがあります。

目次

Follow me!

TOPICSカテゴリの最新記事